日本の気候の店について実習をしていました

ウエザーの場合について演習しました。低気圧が現れないで高圧帯が行き渡ると晴天が続きます。梅雨は、春から夏季へ走るときの長雨の時分のことです。北太平洋高気圧(小笠原高気圧で温かく湿っておる)とオホーツク海高気圧(冷たく湿っている)の間に梅雨前線が横たわります。前線の北側では白々しい北寄りのぶりが吹き、200〜300kmが降雨住所だ。南側は、温かい南寄りのぶりが吹く。大都市では、1世代を通して程度部より優しいだ。舗装による地表のドライ、冷暖房などの人工的なエナジーの放出がそのおもな原因です。空気汚染物質も貯まり易く、光化学スモッグも生じます。梅雨前線が北上または南下して薄れると梅雨が明け、全国付近は北太平洋高気圧に大きくおおわれウエザーが望ましく、暑い日光が続きます。等圧線の陰が広がった部分の根元がくびれて、クジラの尾に似ると猛暑形式だ。おもに夏季のウエザーについて勉強してきましたが、いよいよサクサク温度が上がっていくと思うと恐いと思いました。http://www.vladimirlinencommunist.com/