お日様放出や低緯度などについて学業しました

空気などについて教育しました。雲や湯煙の数少ないそれほど晴れた夜間には温室影響が小さくなるために、射出アイシングによる温度ダウンが著しくなります。温室影響気体がない場合、地表から放射される赤外線は引き続き大気圏外へ出ていきます。温室影響気体が起こる場合、地表からの赤外部射出は理解されて空気を暖めます。お天道様射出の入射量は、地球概観について平均すると0.34kW/�uですが、低緯度ではそれより数多く、高緯度では少ないです。地球全体の情熱収支は保たれていても、地域的に見ると、地球が見受けるお天道様射出と地球からの射出の収支の釣合いはなりたっていません。お天道様射出の理解量の緯度一変にくらべて、地球からの放出量の緯度変化はつまらないだ。これは、お天道様射出の理解量の多い低緯度がお天道様射出の理解量の短い高緯度より熱量になるため、熱量の低緯度から低温の高緯度に通う情熱の流れが生じているためです。知らないことを多彩知れて良かったです。http://www.jymretreats.org/